【危】肌荒れの原因は菓子パンかも!?:LEDブライト女優ミラー公式サポーター

肌というのは身体の不調がもっとも現れやすい体の部分なのです。

つまりニキビや肌荒れを起こしているということは、体内のどこかに不調な部分があるということなのです。
この体内で不調な個所がある、ということを体内の炎症と言います。

実は体内の炎症の多くを私達は自らの手で引き起こしてしまっています。
それは食事です。

自分達が好んで選んで食べたり、飲んだりしているものが、自分自身の体内を傷つけ炎症を引き起こし、結果として肌あれとして表れてきているのです。

もちろん肌荒れの原因となる炎症は食事以外にも睡眠不足や運動不足、ストレスなどによっても引き起こされます。
ただし最も簡単にコストもかけず肌を若返らせる最高の手段は日々私達が選んで摂取している食事を改善することがどんなことよりも近道なのです。

肌荒れを引き起こす危険な食材とは?

1、質の悪い油

コーンオイル、ベジタブルオイル、キャノーラ油、サフラン油、大豆油、いわゆる植物油と呼ばれるものは体内のオメガ6の量を増やし体内の炎症を引き起こす大きな原因と言われています。

対策としては植物油をできる限り断ちオメガ3が豊富に含まれる質の良い油を選んで摂取する事です。
自宅で料理をする時に今まで植物油を使用したのであれば全てエキストラバージンオリーブオイルに変更するなどし植物油を一度断つ事をオススメします。

繰り返しになりますが質の悪い油は体内の炎症を引き起こし全身を蝕みます。

※↓オススメのコールドプレスオリーブオイルです

2、加工食品

加工食品ほど肌荒れに大きな影響を与える食べ物はありません。

コンビニなどで売られている菓子パンもファーストフードも加工食品ですね。

加工食品には上記であげた質の悪い油が使われているケースが非常に多いです。またそこに加えて砂糖、小麦を多く使用しておりニキビや肌荒れの原因となる炎症を引き起こすものがふんだんに含まれた食品なのです。

コンビニで菓子パンを手にした際に一度後ろの成分表示を確認してみてください。想像以上に沢山の文字がかかれ中には何が使われているのか不明な横文字の表記がある場合もあります。

筆者は成分表示を見て記載されている成分ができる限り少ないものを選ぶようにしています。また質の悪い油の代表であるマーガリンが使用されている製品は絶対選ばない、という事をマイルールとして決めてます。

それはせっかく肌の為にエステにいったり運動したりした努力を菓子パンやファーストフードの食事で壊し台無しにしたくない、という気持ちからマイルールを作りました。

※↓加工食品に含まれる食品添加物について参考になる記事です

肌荒れの原因は菓子パンかも!?:まとめ

とはいえ菓子パンが大好きどうしても食べたい、という方もいると思います。

今回ご紹介した内容は既に世界中の研究により証明されている事実です。
それを踏まえた上で肌の綺麗さを取るか目の前の欲望を選択するかはあなた自身です。

私がどうしても菓子パン食べたい、となった時は、 手作りのパン屋で使っている油がわかるようなお店で買うようにしていますよ。

肌が綺麗な時は体内も綺麗な時、肌荒れが起きている時は体内も炎症を起こしている、という事を覚えておきましょう~。

この記事を書いた人

アバター

サポーター公式