鏡と仲良くすると老化防止になる?老けにくい習慣の作り方

誰もが少しずつ年をとり、見た目にも徐々に若さを感じられなくなっていくでしょう。当たり前のことでありながらも、やはり年齢以上に老け込みたくないですし、若々しい姿を保ちたいものですよね。

老化を止に、鏡が役に立つという情報についてご紹介します。

年齢を重ねたからこそ使うべき、とっておきの鏡についても知っておいてくださいね。

老化防止は当たり前の生活習慣から

老化の原因は細胞の劣化。目に見えないところで細胞が劣化し、だんだんと表面にあらわれるようになってきます。そのため、日々の生活習慣が見た目にも影響を与えてしまいます。

ストレスのため過ぎや過剰な喫煙や飲酒は、細胞に負荷をかけてしまいます。バランスの良い食事と睡眠は当たり前のようでいて、年齢を重ねるほどに重要になってくるでしょう。

また、紫外線は肌を老化させる最大の原因に。1年中日焼け防止を意識することで、肌老化を抑制することができます。

今すぐ鏡をチェックし、肌ツヤや表情を確認してみてください。老化の原因を、日々の生活のなかから探ってみましょう。老化の原因が蓄積されてしまうと、取り除くのが難しくなります。

毎日鏡に映る自分をチェックし、生活習慣の見直しを始めてみてください。

「見た目が若い」と思っているのは鏡の中の自分だけ

老化はいつから始まると思いますか?人間の体は成長がストップした時点から、老化が始まっています。そのため20代より徐々に老化は始まり、30代以降にその事実に気づきます。

顔老化の象徴となるほうれい線は、すでに20代には顔に存在し始めているのです。このほうれい線、正面からは見えないのですが、顔の角度を斜めにするとクッキリあらわれます。

そのため自分が思う見た目年齢よりも、周囲が思う年齢の方が上に見えるという傾向も。

日本では相手の年齢を実年齢よりも若く答えることが多いため、なかなか自分が老けていることに気づくことができません。

鏡の中の自分と他人から見る自分にはギャップがあり、年齢を重ねるほどにそのギャップが大きくなることをしっかりと認識しておきましょう。

老け込まないために鏡を活用する方法とは?

正面だけでは真実を映さない鏡ですが、使い方によっては老化防止に欠かせないアイテムになるため、最大限に活用する方法についてご紹介します。

  • 暗いところで鏡を見ない

老化の兆候であるシミや小じわ、目の下のクマなどは、ある日突然あらわれるものではありません。肌の奥にあるシミが徐々に浮き出てきたり、乾燥した箇所が段々とシワとして刻まれたりするため、早い段階で気づく必要があります。

この小さな兆候は暗い場所では決して気づけません。日の当たる明るい場所、明るいライトの元でしっかりと確認して、早期に対処しましょう。

  • マッサージをすること

オイルやクリームなどをたっぷりとつけ、肌をこすらないようにリンパマッサージをおこないましょう。

リンパを刺激して老廃物を除去することにより、たるみの原因となるむくみを排除することができます。さらに血行を促進することで、水分や栄養素が顔にも運ばれるようになるでしょう。

鏡を見ながらおこなうことで皮膚に余計な摩擦を与えず、適切な箇所を丁寧にマッサージすることができます。

  • 1日に何度も鏡を見ること

ストレスを感じたときに鏡を見るとイライラを軽減され、自信を増幅させることがハーバード大学の研究で立証されています。

ストレスは老化や病気の原因にもなるほど強いダメージを与えるため、こまめに取り除くことが必要です。

また、周囲から魅力的と思われている人ほど、鏡を見る回数が多いということも分かっています。鏡を見る回数を増やすだけで、美容効果のアップが望めるでしょう。

鏡でストレスを軽減させ、美容作用を高めることで老化防止に役立てることができるのです。

年齢が気になってきたら使いたい!老化防止におすすめの鏡

老化防止に鏡を味方につけるのなら、「三面鏡」と「拡大鏡」をそろえてみてください。

異なる角度からチェックできる三面鏡があれば、正面顔では気づけない老化のサインに早く気づくことができます。

同様に拡大鏡があれば、毛穴の開きや薄いシミ、こまかなちりめんジワも発見できます。

最初はショックを受けても、早くに生活習慣やスキンケアを見直すことで、手遅れになることを防ぐことができます。

さらに鏡そのものが明るくなるLED付きミラーで、肌の細部をしっかりとチェックすればより完璧な対策に。

年齢が気になってきたら、鏡の性能にもこだわってみてください。

まとめ

年上の魅力的な人ほど、髪や肌に隙がなく、イキイキとした表情に魅せられてしまいます。もしかしたら鏡を見ることが、人よりも多いのかもしれませんね。

老化防止は毎日の生活習慣と、鏡によるチェックでおこなえるもの。まずは鏡と仲良くなって、じっくりと今の自分を知ることから始めてみましょう。

この記事を書いた人

アバター

サポーター公式