知って得する!化粧鏡の使い方とは?

みなさんはどんな化粧鏡をお持ちでしょうか?化粧鏡の選び方や魅力などについて、くわしくご紹介いたします。

化粧鏡って一体どんなもの?

化粧鏡とは、メイクのときに使用する鏡のことをいい、メイクのときになくてはならない必須アイテムのひとつです。

化粧鏡には多くの種類があり、卓上に置いて使用するものから使用しているとき以外は折りたたんでおくことが可能なものなど、使用頻度や部屋のスペースなどにあわせて選択することが可能です。また、形にも決まりがなく、丸い形のものもあれば、長方形や正方形、三面鏡タイプなどもあるため、インテリアやメイク以外の用途でも使用したいなど、希望を適えやすいものでもあります。

化粧鏡の魅力とは?

化粧鏡の魅力は、たくさんある種類とデザイン、機能から選択することができることでしょう。部屋に置いておくスペースがなければ折りたたみタイプを選択できますし、よりメイクをしやすくしたければ、LEDライトが付いている女優ミラーと呼ばれるタイプのものを使用することでメイクがしやすくなります。また、メイクだけでなく、ヘアスタイルも確認したい場合には三面鏡タイプのものを、メイク用品なども入れておきたい場合にはメイクボックスと一緒になっているタイプのものを選ぶと良いでしょう。そのほか、ドレッサーに付属している化粧鏡であれば、メイクをすることに特化しているため、メイクをする際に便利です。

気になる化粧鏡の選び方とは?

化粧鏡をどのように使いたいかで選び方は異なります。3つの使い方別にくわしく見ていきましょう。

1.化粧鏡を場所を問わずにどこでも使いたい場合

化粧鏡を場所を問わずに使用したい場合には、折りたたみタイプの化粧鏡が便利です。100円ショップでも販売されているので、折りたたみタイプの化粧鏡を試しに使用してみたいときにも気軽に試すことができます。また、折りたたみタイプの化粧鏡には、一面のものと三面鏡になっているタイプのものがあるので、ヘアスタイルを後ろからもチェックしたい場合には、三面鏡タイプのものを選択すると良いでしょう。

2.コーディネートの確認も併せてしたい場合

同じメイクをする人もいれば、コーディネートに合わせてメイクを変える人もいます。コーディネートに合わせてメイクをする場合には、少し大きな化粧鏡を使用すると良いでしょう。体の上半身も映る化粧鏡であれば、コーディネートの確認をしながらメイクをすることができます。

3.メイクなどの準備をスムーズにしたい場合

メイクをする度に化粧鏡を取り出したり、移動させたりするのは手間になります。朝など準備に時間をかけられないときには、ひとつ動作をカットできるだけで時間短縮につながるので、メイクなどの準備をスムーズに行いたい場合にはドレッサーなどに固定されている化粧鏡を使用すると良いでしょう。

このように、ライフスタイルによって化粧鏡を選ぶことで自分に合った化粧鏡の使い方をすることができます。ですから、化粧鏡を選ぶときには、自分のライフスタイルを確認すると良いでしょう。

化粧鏡のお手入れ方法とは?

化粧鏡を使用する際に必要になるのがお手入れです。それでは、どのようなお手入れが必要か順に見ていきましょう。

1.鏡面の汚れをふき取る

鏡面が露出しているタイプのものの場合にはほこりで汚れてしまいますし、メイクをしている際に化粧品や手の皮脂などが付着してしまい汚れてしまうことがあります。長期間そのままにしておくと、汚れが定着してしまうので、こまめに鏡面の汚れをふき取ることが重要です。

2.しっかりと掃除をする

鏡面の汚れをふき取るのはもちろんのこと、定期的にしっかりと掃除をすることも大切です。ただ汚れをふき取るのではなく、重曹などを使用し、化粧鏡の掃除をすることてピカピカの化粧鏡を維持することが可能です。

3.プロに依頼する

基本的にその都度お手入れをしていれば、重度の汚れが付着する心配はないでしょう。しかしながら、汚れを放置し続けてしまい、汚れが落ちなくなってしまったり、ヘアスプレーの汚れが付着して化粧鏡のくもりがどうしても取れなかったりするなど、自分では汚れを落とすことができないような場合には、ハウスクリーニングなど掃除のプロにお手入れを依頼するのも良いでしょう。

このように、化粧鏡のお手入れを行い、丁寧に扱うことでいつでもきれいな状態で使用することができます。面倒くさがらず、定期的にお手入れをすると、汚れなども落ちやすいのでこまめにお手入れをすると良いでしょう。

化粧鏡の使い方のまとめ

化粧鏡はメイクをする際の必需品なので、より使いやすいものを選び、きれいな状態を保つことが大切です。しっかりと化粧鏡のお手入れしながら、日々の生活の中で使用するようにしてくださいね。

この記事を書いた人

アバター

サポーター公式